So-net無料ブログ作成
検索選択

通りがかりで梅(京都市西京区・正法寺) [京都]

午后の運転は ガラスの凍て等がなく助かります
IMG_1372.JPG
タグ:正法寺 梅
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

通りがかりで梅(京都市西京区大原野) [京都]

大原野神社のいきし
案山子の立つ この道を通るまで
ここに 梅が咲くのを忘れていました
IMG_1366.JPG
タグ:大原野 梅
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

通りがかりで馬酔木(木津川市・浄瑠璃寺) [京都]

運転手は乗客にアナウンスで呼びかける
最後部席で私は青く押したのに 誰も降車しない
狭い部屋はエレベーター空間のよう
階ボタンを触って 私のカゴを呼ぶのは誰か

季節は朝を遅らせ
押しボタンを押して 時を止めて立ち去り
季節は春を約束しない
下手くそなピエロは 見せ場を作り

午后 一人芝居は即興の場面転換
地下一階から いつのまにか地上一階
そして めくりはめくられ

翌朝 座って休暇連絡をすませる
閉じられた山門前で 馬酔木をみつめ
二月まだ 毛布シュラフのように暖かい
IMG_1354.JPG

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

通りがかりで梅(向日神社) [京都]

ひとりは再発し ひとり夜を数える
車いすの押し手を持つ手で 点滴支柱台を支え
明日でパルスもおわり いつ帰ると笑う?
ちかづく退出時間 あと一周

カーテンレールを走る各駅停車
カードを切る音は 寝顔を見回る足音
ベッドテーブルで七並べ 六は昨日 八は明日
近づく消灯時間 ひそめる声 下むくベッド灯

ひとりは再発し ひとり朝を数える
寝覚めのかけこみ乗車は 反時計回りの赤バス
幾里走っても さらに夜は更けてゆく

夜のおわりと朝のはじまり
何気なく迷い 夜を抜け出せずにいる
誰にも 循環系統の終点をきけず
IMG_1330.JPG
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

通ががかりで長谷地蔵(舞鶴市) [京都]

銀の道は 今日の始まりをかくす
ラバーポールは あの日の続きか 昨日でも今日でもない一日か
銀の道は 長靴を溺れさせ 傘立には雨傘か杖か
ある日 雪だるまの背中かくれんぼ

老人は 除雪車を走らせる
それは 私のやり過ごした日々を吸い込み
時には涙でつまり 時には長い独白でつまり
シューターは 羞恥する心で放物線を描く 

別離は 幾回りかどの季節に用意されるだろう
たとえ洗い髪でいたずらの消灯がかさなるとき
急いで目を開ける必要はない

決意 二足歩行をあきらめ ほふく前進しよう
銀の道は 中央線は白線か黄色かわからぬまま
いずれにせよ 短距離にすぎない 
IMG_1309.JPG
おまけ
IMG_1314.JPG

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

通りがかりで梅(梨木神社) [京都]

同室のまだ見知らぬ方に遠慮して
声を潜めてトランプをしました
IMG_1298.JPG
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

通りがかりで馬酔木(天龍寺) [京都]

天龍寺の馬酔木も 西山艸堂と同じく莟でした
IMG_1283.JPG
おまけ
IMG_1275.JPG
野々宮神社では 雪に埋もれていたのかもしれません

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

通りがかりで馬酔木(嵐山西山艸堂) [R32スカイライン]

昨日は行き過ぎ 戻りすぎ
今日も行き過ぎ 戻りすぎ
夕暮 宛先ちがいと言い訳しながら
それぞれ 預かった手紙を莟の枝に結ぶ

鬼は外と投げた? 椰子の実を置いた?
銀の道 蛇行する静脈でスタックするように
今宵 ため息ひと吹き 閉まらないスライドドアから
すきま風が吹きこむだろう

それはマフラーで顔をおおうから
誰も人ちがいをうたがわない
そしてうつむく馬酔木に ナースコールに届かない

女房は心電図の警報に目を覚ますころ
式部は点滴数55滴/mlを推敲するだろう
浮舟はブラインドの羽を 巻名に見立て数えるだろう
IMG_1264.JPG

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

通りがかりで梅(京都市上京区・蘆山寺) [京都]

府立病院から蘆山寺に立ち寄りました
山門を入ると無料駐車場がありました
IMG_1253.JPG
タグ:蘆山寺 梅
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感