So-net無料ブログ作成

通りがかりで大極殿公園(桜開花状況) [時井]

風のうたった歌
目を覚まし 窓をあけたいのに
夜の中で 私は方角を忘れた磁石のように
毛布の外世界を思い出せず 逆にあなたの手のひらをみつけ
そこは あたたかなぬくもりだった

すぐに 鼓動をさがすことができた
高さをたがえ あなたは釦をとめていた
ようやく風か何かが 窓をたたく
私は耳を澄まし 毛布から音に手をのばす‥‥

窓のすきまから 爽やかな風が 枕に吹きこむ
私は立原さんの歌を呟く
風風 風よ もしもおまえはやまぬというのなら 私は窓をしめよう

その溝に ジョウビタキが座っている
毎朝の訪問客 それとも気まぐれな訪問客
いずれにしても ここは貴方の通り道
IMG_2003.JPG
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0